学校からのお知らせ

北中スポーツフェスティバル~3年生の部~

スポーツフェスティバルVer,3年生では、中学校生活最後の体育行事ということもあり、練習から元気よく、全力で取り組むことができていました。ジンギスカンでは、練習時を大きく上回る人達が最後まで跳びきることができました。

感染症対策のため各クラス半数の生徒が参加した綱引きとなりました。それでも気迫のある綱引きでした。また、練習で負けていたクラスが本番では逆転するなど、応援している生徒を含め、とても盛り上がる展開となりました。

さすが最高学年!!最下位のクラスでも100回以上と、とてもレベルの高い大縄跳びとなりました。回し手は、跳び手のために3分間回し続け、跳び手はみんなのために全力で跳んでいる様子がとても感動しました。

 スポーツフェスティバルの目玉と言ってもよいクラス対抗リレー。誰一人も力を抜かず、一人一人が全力でバトンをつなぎあい競っていました。走り終わった生徒の顔は全力を出し切れた満足な顔でいっぱいでした。

  

 

北中スポーツフェスティバル ~2年生の部~

 スポーツフェスティバル Ver.2年生 では、第一種目の多種目混合縄跳びバトルロワイアル「ジンギスカン」から同率2位、同率4位が出るほどの接戦となりました。

 「綱引き」は30秒1本勝負のため、最初の場所取りジャンケンから大盛り上がり!6組、2組がそれぞれのリーグ予選で圧勝し、白熱した決勝が行われました。

 

 「大縄跳び」では、1位と2位が3回差の結果に。回し手は、全身に負担がかかりながらも3分間耐え抜いてくれました。「綱引き」と「大縄跳び」は、本来の体育祭にもある演目なので、来年に向けての良い前哨戦になったことと思います。

 「全員リレー」は各クラスの団結力の結晶!各クラスが戦略を練り、全力をかけた走りは最終種目に相応しいものでした。

   

 練習も本番も短い時間ながらも、生徒は一生懸命に取り組んでいました。結果発表を受け、喜びや悔しさを惜しみなく出す姿に、行事を通して各クラスが、そして75期生全員が成長を感じた日となりました。

 

北中スポーツフェスティバル ~1年生の部~

 1年生にとって初めての学校行事であるスポーツフェスティバルは天気に恵まれたことも相まって、熱い戦いになりました。

   

 2時間だけの活動でしたが生徒たちは全力を尽くし、クラス一丸となってそれぞれのクラスが掲げる目標を達成するためにがんばりました。がんばっている仲間を思いやり、素直な心で喜んだり、悔しがったり、最後まであきらめない粘り強さを見せてくれました。これはまさしく、学年目標である「土台づくり」ができているからこそだと実感しました。今回のスポーツフェスティバルを通して更なる成長を期待しています。

北中スポーツフェスティバル2020開催

北中生の絆がここに

 10月27日(火)。爽やかな秋晴れの中、盛大に北中スポーツフェスティバルが行われました。感染症に配慮し、学年毎の開催となりましたが、北中学校のグラウンドに、生徒の笑顔が弾けました。仲間を一生懸命応援する姿。必死に競技に挑む姿。真っ直ぐな北中生の想いが、クラスTシャツのように、色鮮やかに溢れていました。

 学年毎の様子は順次アップ予定です。ご期待ください。